客家擂茶(はっかれいちゃ)

本日の“くるくまの風”のアフターティーは「食べるお茶」“客家擂茶“(はっかれいちゃ)

 

最近、お友達から教えてもらったのですが、台湾の客家民族の間に昔から伝わる“食べるお茶”なんだそうです。

 

“お茶”と言っても22種類もの豆や雑穀を粉にして混ぜ合わせているもので、栄養をまるごと食べるお茶です

 

そんな“客家擂茶”を毎日食べている客家民族は、健康で長生きな方が多いんだそうですよ☆

 

お湯を注いで甘味をプラスするための甘酒を混ぜると、美味しく出来上がり!

 

もっちりした食感と栄養バランスも良く、なかなかのボリュームなので、ダイエットしたい時の朝食にはこれだけで充分かもしれません。

 

ちなみに原材料はというと

 

小豆、黒目豆、烏麦、オートミール、そば、緑茶、花豆、オニバスの実、白米、大豆、花木の種、ひよこ豆。かぼちゃの種、大麦、とうもろこし、緑豆、黒ごま、タチナタ豆、栗、青えんどう豆、ひまわりの種、アーモンド

こんなに入ってます!

 

もうしばらく“くるくまの風”のマイブームで続きそうです💕

 

オイルトリートメントでスッキリしたお腹に染み渡りますよ👍