ヴァータの季節にはオイルトリートメントを☆

もうすぐクリスマス☆
“くるくまの風”の玄関にもツリーを飾りました🎄

やっぱり昭和チックなツリーに、お客様も思わず「昭和やね~💕」とにっこり。

さて、最近の私事ですが、今月に入って肩甲骨に痛みが出るようになったんです。そしたら今度は、それに伴って指先の痺れも出て来たんです💦

12月に入ってからは、何かと気忙しい日が続いていたので、今日はたまらずセルフマッサージをしました。

アーユルヴェーダでは「バタバタするとヴァータが増える」と言って、忙しくてバタバタしていると、風の要素を持つヴァータが増えてバランスが崩れた状態になるんです。

ヴァータのバランスが崩れてしまうと、例えば色々と頭で考えすぎたり、眠りが浅くなったり、肌がかさついて来たり、不安な気持ちになったり、心も身体も余裕がなくなり、心身ともにパサついた感じになります。

痺れや麻痺もヴァータのアンバランスから引き起こされるようです。

そして、季節は冬。
冷たくて、軽くて、風が吹いていて乾燥している。
冬はヴァータの季節です。

軽く冷たい質を持っているので、簡単に言うと、それをバランスさせる為には反対の質の物、例えば重くて温かくて、ずっしりした質のものを補うといいのです。

分かりやすいですね!

だから温かいセサミオイルを使うのはヴァータの鎮静に繋がるのです。

セルフマッサージは前回から1ヶ月ぶりくらいかな?

身体は思っていた以上に冷えていました。

またまた温かいオイルで全身を頭から順番に、下へ下へとくるくるマッサージしながら降りていく。

オイルマッサージが終わったら、今度は遠赤外線のヒートマットにくるまって温まります。

前回と同様に、今回もなかなか冷えが取れず、汗をかくまでに40分くらいかかってしまいました。

それでも、バッチリ汗をかいて温まったら手指の痺れも楽になりました✨
やっぱり、温まるっていいですね!

寒~いこの季節⛄️

温か~いオイルで筋肉を緩めながら身体の芯まで温めてくれるアビヤンガトリートメントはおすすめですよ!